上杉鷹山

あらすじ

第二回

一緒に住んでいるのになかなか打ち解けない上杉景勝と
直江兼続。そこに事件は起こる。

ある日、兼続が家出(寺出?)をし、家に向かう。
それに気づいた景勝が追う。家には着いたが、逆に
追い出されてしまう。そこへ景勝登場。二人は
主従の契りを結ぶのであった。

そして月日は流れ・・・・・・
と、こんな感じかな。

あらすじ

第一回(全50回)

記念すべき第一回目天地人のあらすじですが、
後の君主である上杉景勝と直江兼続の出会い。このとき景勝は10歳。
兼続にいたってはわずか5歳でした。ここから二人の物語が始まります。

<< 1 2



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。